Outlook VBA Categories 設定

Body Set Appointment = FolderItems. 私は、Outlook VBAで [メールの作成 や 読み込みを行いたい] / [予定 アポやスケジュールを管理したい] / [仕事・タスクを登録したい] / [アドレス帳や連絡先を管理したい] / [HELPからOutlookのプロパティやメソッドを探りたい] です。※目的の処理を選択してください。

リモートで作業しているときでも、Teams と Microsoft 365 で連絡を取り合い、生産性を維持します。 詳細情報 Location . Cells (RowCount, 14). Value = Appointment. 4 初回の設定; 5 その他の注意点; 6 ソース; 最近の人気記事 【C#】キーエミュレート送信のまとめ【覚書メモ】 656件のビュー 【Excel】4桁の数字を時間の時分に変換する方法【ちょい技】 264件のビュー 【Outlook】仕事効率技5連発! 191件のビュー

Outlookで受信したメールをPCのローカルドライブに保存しているのですが、手作業で100通近く処理するととても面倒なので、マクロで自動化してみました。試した環境は下記です。Outlook 2013Windows 8.1保存の方針「これは 今回は、Outlook(Outlook Expressではない)2010以降でのメール自動送信スクリプト。 Outlookが起動していないと自動送信しないので要注意。 参考サイト:[VBS:備忘録]よくあるメールテンプレをVBSで作成する方法の一例

Value = Appointment. Categories . Cells (RowCount, 15). MsgBox Item.Categories.Name MsgBox Item.Categories.CategoryID どちらの行も実行時に、「エラー424、オブジェクトが必要です」というエラーが表示されました。 また、標準モジュール内での次のコードも MsgBox ml.Categories.Name MsgBox ml.Categories.CategoryID Outlookのエクスポート機能を使えばエクセルなどにすることができますが、項目を設定しなければならないこと、毎回たくさんのボタンを押さないといけないことからあまり使い勝手が良くありません。 そこで、今回はOutlookのマクロを使い自動的に行います。