HTML WordPress 移行 プラグ イン


多くの企業サイトで活用されているWordPress。現在、世界中でプラグインが開発され、ブランドサイト、ECサイトなどあらゆる形態のサイト構築が可能となっています。そこで今回はCMSとしてのWordPressの実力、企業サイトとして活用するためのポイントについてご紹介します。 当ブログでも何度か WordPressサイトの引越し関連の記事を書いてきましたが、今回紹介するブラグイン「All-in-One WP Migration」は管理画面からの操作だけでサイトの引っ越しが完了してとても便利だったのでご紹介します。 WordPressの便利さを見たり聞いたりしているうちに、ホームページ作成ソフトで制作したHTMLベースのWebサイトをWordPressに取り込みたくなった方もいるかと思います。 そんなときに役立つのがHTML Import 2プラグインです。 ワードプレスで目次を自動作成する方法ワードプレスで記事内に目次を作りたい。と思ったとき、個人的には「functions.php」と「style.css」を編集して目次を自動で生成してくるショートコードを作るというのが現状ベストかなと思ってい WordPressインストール直後の状態では、文字のサイズを変更したり、太字にしたり、見出しをつけたりするためにHTML の知識が必要になる。しかし、TinyMCE Advanced を導入すると、ワンボタンでそれらの設定を行えるようになる。 WordPressオススメのプラグインの一覧については「【2020年版】目的別WordPressのおすすめプラグインを徹底解説!」をご参照ください。 WordPressの使い方の総まとめについては「【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】」をご参照ください。 WordPressでよくウェブサイトを作成する人にとって、同じようにウィジェットを設定する行為は単調で手間のかかる作業となってしまいます。そんな時は、他に運営しているWordPressサイトのウィジェットの設定データをそのまま移行することができるプラグイン「Widget Importer & Exporter」を利用 … WordPressが多くの企業に選ばれる理由の一つとしてSEOプラグインが豊富であることが挙げられます。しかし、種類が多くて選べないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。今回は、WordPress利用者におすすめのSEOプラグインを5つ紹介します。
WordPressに限らず、ウェブサイトを運営していると、アクセス拒否や制限をしたいことがあると思います。 今回は、そういう時に便利なプラグイン、「IP Geo Block」を紹介したいと思います。 WordPressのプラグインは無料なものも有料なものも多く、一番便利なのを見つけるのは時間がかかりそうな作業です。そこで、当社の厳選リストをご参照ください。