総武線 都営新宿線 混雑

都営新宿線の混雑率は153%で、上下線で混み具合が結構違います。新宿方面行のほうが混んでいて、本八幡方面行はそこまで混雑していません。 新宿方面行のほうが混んでいて、本八幡方面行はそこまで混雑していません。 となっています。 国土交通省によると混雑率の目安としては. ここではそんな都営新宿線の朝の混雑の様子を掲載しています。 新宿線のもっとも混雑する区間(2018年度)は、新宿方面の. 【3位】混雑率:199% JR東日本 総武線(緩行)(錦糸町-両国間) (出典:wikipedia) 混雑 時間帯:7:34~8:34 本数:26本 行き先:秋葉原・東京駅周辺エリア 【4位】混雑率:194% JR東日本 中央線(快速)(中野-新宿) (出典:wikipedia) 都営新宿線の時間帯ごとに混雑状況を調査したところ、このような結果になった。朝の時間帯で最も混雑が激しくなるのは7:30~9:00の約1時間30分である。 通勤ラッシュのピークは以下の時間帯になる。 朝=7:30~8:30; 夕方と夜=18:00~19:00 最混雑区間; 中央総武緩行線: 198% 錦糸町→両国: 総武線快速: 181% 新小岩→錦糸町: 中央線快速: 187% 中野→新宿: 京葉線: 173% 葛西臨海公園→新木場: 東西線: 199% 木場→門前仲町: 都営新宿線: 158% 西大島→住吉: 京王線: 166% 下高井戸→明大前 都営新宿線の夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑について時間帯・区間ごとに調査。ピークは18~19時。最混雑区間は住吉→西大島。本八幡方面側にて特に激しい。新宿側は京王線直通を含めてやや緩やか。 150%で広げれば新聞を楽に読める. 西大島→住吉:153%.