猫 口 くちゃくちゃ ストレス


猫を見ていると、口をパクパクするような動きをすることがあります。これには、いったいどんな理由があるのでしょうか? 今回は、猫の口パクパクの理由について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。なかには、病気を疑ったほうがいいケースもあるようです。 口が閉まらずに開いたままハァハァしているときは、緊張状態にいる可能性が高いです。よだれが出る子もいます。ストレスを感じる対象から離れ、ハァハァがおさまるような、落ち着ける場所に移動してあげてください。 足の裏が湿っぽくなる 猫が気持ちいいときにゴロゴロ喉を鳴らすのは知っていましたが、しゃりしゃり歯を鳴らすというのは初めて知りました!いろんな猫ちゃんがいるんですね~! 病気のサインにもなるこのお口の音、気をつけていきたいですね! 猫のお口くちゃくちゃは病気のサイン!即病院へ 現在13歳と半年の我が家の猫の体験談です。 その子は元々身体が細く、何度か病気(42度の高熱が一週間以上続きました)をしたこともあったので、最近痩せてきたなとは思っていましたが、年齢によるものと軽く考えていました。 猫は、意外ですが 口腔内環境がすごく弱い生き物だそうです。 少しの口の中の異変でも、口をくちゃくちゃしますし、 病気の場合でも口をくちゃくちゃします。 ご飯を食べた後の「美味しかった~、ごちそうさま~」な時もあります。 猫が口をくちゃくちゃさせているのを見つけたら「口を怪我したのかな?」「変なものを食べたのかな?」と心配になりますよね。口元の怪我や異物誤飲なども考えられますが症状が食欲不振を伴う場合、以下の口腔内の病気を患っている可能性があります。 猫のストレスサインは大きく3つの段階に別れます。 第1段階~第3段階まであり、できれば第1段階できづいてあげたいですね。 猫のストレスサインは分かりにくいものが多く、人間がストレスを感じているサインとは大きく異なります。 人間ではスト 猫が口の中を気にする時に考えられるのは、口腔環境が悪化しているサインだという事です。猫だけでなく、動物は虫歯にはなりにくいですが、歯周病にはなりやすいのでケアには十分な注意が必要です。時には口の中に重い病気が潜んでいる事もあります。