抗 が ん 剤 副作用 対策 漢方薬

抗がん剤治療を受けた患者さんのうち、54.0%が「副作用軽減のために薬を処方された」と回答しま … 抗がん剤の副作用に漢方薬が効く? 近年では抗がん剤による副作用をはじめとし、がん治療を行っていく中で生じる様々なqolの低下要因となる症状に対して、漢方薬により軽減する治療が注目を集めてきています。ここではいつくかの例を紹介します。 漢方治療で抗がん剤の副作用を克服 kさん(65歳、男性)は2年前に大腸がんの切除手術を受けましたが、1年半程して、両方の肺に多数の転移が見つかり、抗がん剤治療を受けることになりました。元来、虚弱体質で体力に自信がなかったkさんは、抗がん剤治療に耐えられるか不安でした。 副作用対策に漢方薬が活躍 抗がん剤の副作用対策として、漢方薬が注目を集めています。がんを専門にしている医師 を中心に、治療を受ける患者さんに漢方薬を処方するケースが増えているのです。 薬を服用している場合は、一度、その薬の副作用を調べてみてはいかがでしょう。 (口が乾く原因として) 「薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります)」 引用:日本口腔外科学会 抗がん剤の副作用を軽減するための薬を処方されていましたか。また、その中に、漢方薬はありましたか. がんを縮小、除去する抗がん剤は、その強力な効果ゆえに正常な細胞にも影響を与えてしまう。治療を受ける患者の多くはさまざまな副作用に悩まされているが、近年、抗がん剤のつらい副作用を漢方薬で改善できることが、研究によって分かってきた。 また、実際に副作用対策として漢方薬をご提案・処方しております。 しかし、実際、抗がん剤の副作用を漢方薬で軽減できると、ご存じの方ははまだまだ少なく、実際に利用したことがあるという方は一般には殆ど認知されていないのが実情です。 そのため、漢方薬などの身体を補う補剤が必要なのです。 がん・腹水対策の漢方薬をご存知ですか? 当グループの漢方薬の相談サイト、 相談堂 では、【 各種がん、末期がん、腹水、抗癌剤の副作用 】の漢方薬での症例を多数掲載しています。 4. 喉の渇きは脱水によって、口の渇きは唾液分泌低下によって生じます。前者は副作用によって生じた腎性尿崩症や糖尿病が原因に、後者は抗コリン作用が原因となります。まずはじめに、「喉の渇き」と「口の渇き」の違いからみていきましょう。 男性の方でお薬を飲んでから、トイレがやたら近い尿が出にくい尿切れが悪いなんて症状が出た方はいませんか?これはお薬の副作用かもしれません。その一方で、前立腺肥大症の症状も考えていく必要があります。男性には前立腺というものがあります。 また、実際に副作用対策として漢方薬をご提案・処方しております。 しかし、実際、抗がん剤の副作用を漢方薬で軽減できると、ご存じの方ははまだまだ少なく、実際に利用したことがあるという方は一般には殆ど認知されていないのが実情です。 がんの副作用を緩和するひとつの方法として、漢方が有効な場合もあります。 味覚障害も抗がん剤や、放射線治療の体への負担、また精神的にも大きなストレスがかかります。 そのような心身の負担を漢方を利用することで、軽減できる可能性があります。 4)漢方薬を飲む 保険適用の漢方薬で、がんと闘う気力と体力をととのえてください。がんによる苦痛や治療の副作用を軽減する処方もあります。また、漢方薬を治療に取り入れている病院を探すなら「保険適用の漢方薬を出してくれますか? 抗がん剤には副作用があります。しかし、新しい抗がん剤の開発、副作用の予防法や対処法の進歩などによって、抗がん剤による副作用はかなり抑えられるようになってきています。副作用が全く出ないということはありませんし、副作用の出方には個人差もあります。