小型 飛行機 事故率

自分も事故の発生率は小型機の方が多いと思います。 ただ、大型旅客機は離陸したら目的地まで飛行して着陸するだけです。 ですが、小型機は大概の場合離陸後なんらしかの作業を空中で行います。 航空事故が起こるたびに、大きく報道され、「飛行機はコワイ、危険だ」というイメージが植えつけられがちです。実際に飛行機事故に遭遇して命を落とす可能性はどのくらいなのか、検証してみたいと思 … シーラス航空機(Cirrus Aircraft)によると、同社が作る「ビジョンジェット(Vision Jet)」は大好評だ。「ビジョンジェット」は単発、5-7人乗りの超小型自家用ジェットだが、すでに600機を超える受注を獲得、この生産に5年掛かるという。 飛行機で墜落事故が発生する確率はは0.0009%=10万分の1未満と統計で出ています。中国など新興国の航空会社や、lccだからといって、事故率が高まる傾向は特に見られません。交通事故での死亡確率よりも遙かに低く、最も安全な乗り物だという専門家も多いです。 飛行機事故で死ぬ確率 週1回1往復する人なら3900年に1回 44 英航空安全財団の調べによると、2013年までの過去10年間に「全世界」で起きた航空機事故による死者数の年平均は676人。 世界に1万ヶ所以上あると言われている空港の中でも、最も危険な空港を8ヶ所ご紹介しています!断崖絶壁に作られた空港、ビーチすれすれを飛行する空港など、世界には色んな空港がありますね!世界のトラベル情報ならモッシュトラベル! 飛行機の安全率は1.5、電車は4、自動車は8、エレベーターを吊るすロープは10以上、医薬品は100と言われています。 これらを見ると、飛行機の安全率は他と比べ、かなり低いのです^^; 安全率が低過ぎると危険性が増え、安全率が高過ぎると機械の重量や製造コストが増えます。