スモーク ウッド ベーコン

「スモークウッド(7樹種)」 soto「スモークウッド(7樹種)」 本製品は、「温燻」に使用するスモークウッド。「ウイスキーオーク」以外の6種の原材料には、国産原木丸太を使用しています。つなぎも薬品も一切使わない無添加のウッドです。 燻製初心者がよくぶつかる問題。それが「スモークウッドの立ち消え」です。今回は、なぜ立ち消えが起きるのか。そしてそれを防ぐ方法をご紹介したいと思います。スモークウッドの構造。のnスモークウッドとスモークチップの一番の違い、 というわけで以上、ベーコンを手づくりしてみました。 下準備の期間は1週間と長いですが、難しい作業もありませんし、燻製している時間のワクワクは「休日の男の趣味」って感じがしました。なにより完成したベーコンのおいしさったらないですしね。 スモークチップ:短時間の燻製に向いています。お皿や鍋の底に置いて火にかけて使用します。燻製器は不要です。 スモークウッド:長時間の燻製に向いています。ガスバーナーなどで直接火を付けて使用します。食材によって種類が様々です。 私はこれまでに様々なメーカーのスモークウッドを試してみましたが、進誠産業(株)さんのウッドは他社の製品に比べ、ウッドの密度が全く違い、途中で消えたことがありません。 固さもしっかりとしていて扱いやすいのもポイントです。 一番下に皿を置いて、スモークウッドを設置。 二段目にはベーコンを置いて、スモーク開始。 初めての燻製は一時間くらいスモークしたところで、チーズとベーコンを一旦取り出し、新しくチーズやウイン … あとスモークウッドに火を点けてもそのままではすぐに消えてしまうので、熱源で暖めながら使っています。それゆえ上のようにスモークウッドを使いながら80℃以上の燻製つくりになってしまうのですが、これってやっぱりおかしいですよね?