エクセル 行の 増やし 方

エクセルのオートフィルタの基本から注意すべきポイント、ちょっとした活用法までを一気にまとめて紹介します。複数列でフィルターをかける方法や、オプション機能の使い方も解説。オートフィルタ機能の内容の確認や整理にご活用下さい!

とても困っているのでどうかお願いします。たとえば、ある列にエクセル関数を挿入したとします。今回私が挿入したのはIF関数でした。=IF(C1="","",10)をC1に入れて、それより下は、C2,C3,,とドラッグしていきまし... - Windows 10 解決済 | 教えて!goo Excelの表に新しく行や列を挿入する場合の操作を紹介します。 こういった基本操作をきちんとおさえておくと無駄なく作業が行えるので、作業効率アップにつながります。 知っている方もおさらいしてみましょう。 行を挿入する Excel(エクセル)シート内の行や列を追加したり、削除をする方法です。 行・列を挿入する 挿入したい行もしくは列番号を選択し右クリック→[挿入] 行または列が挿入されます。 2行(列)以上をまとめて挿入したい場合は、複数範囲を選択し同じく右クリック→[挿入]でできます。 シートの増やし方・削除の仕方 解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。 Excel 2013, 2010, 2007 エクセルで表の作成時や完成後に列や行を増やしたかったり削除したかったりすることが出てきます。今回は列や行の 挿入 削除 複数の挿入・削除 入れ替え方これらを一緒に見ていきたいと思います。 列や行を挿入する方法挿入したい列や行のラベルをクリックして選択をします。 この機能を使って行または列を挿入すると、隣接するセルの書式が引き継がれるので、表の入力欄を増やしたい場合などに便利です。 次のような表の5行目と6行目の間に行を追加してみましょう。 操作方法は下記のとおりです。